こちらの製品はまだ 販売開始前 となります。発売時期は未定です。
価格や仕様には変更等の可能性がございます。あらかじめご了承ください。
発売時期は決まり次第、当方ホームページで公開いたします。

PDFへの変換・連結までの工程を一度に行うことができるPDF作成アプリケーションです。大量のファイルをPDFに一括変換することができます。

PDF Makerの特徴

  • PDFへの変換・連結までの工程を一度の操作で行うことができます。
  • PDF一括作成機能により、大量のファイルを一度の操作でPDFに変換することが可能です。
  • Adobe社のAcrobatライセンスは不要。ライセンスコストの削減に寄与します。

PDF作成

  • 複数のファイルをPDFに一括変換できます。
  • 異なる種類のファイルも同時にPDFに変換することが可能です。
  • 指定したフォルダに出力するか、オリジナルのファイルと同じフォルダに出力するか選択できます。
  • 同じファイルを複数の設定でPDF変換することもできます。

Excel→PDF変換

  • Excelワークブック(.xlsx)のほか、Excel97-2003形式(.xls)のPDF変換にも対応しています。
  • 複数のシートを含むExcelファイルでは、シートを指定してPDFに変換することができます。
  • Excelシートごとに圧縮率(高品質・ファイルサイズ縮小)を指定してPDFに変換できます。
  • シートに設定されている印刷範囲に従いPDFに変換できます。
  • シートに設定されている印刷範囲を無視して、PDFに変換することもできます。
  • パスワード保護されたExcelファイルやマクロ有効ブックにも対応しています。

PowerPoint→PDF変換

  • PowerPointプレゼンテーション(.pptx)のほか、PowerPoint97-2003形式(.ppt)のPDF変換にも対応しています。
  • 通常のスライドレイアウトのほか、ノートレイアウト、配布資料レイアウトによるPDF変換も可能です。
  • すべてのスライドのほか、指定したスライドのみPDFに変換することもできます。
  • 配布資料レイアウトでは、1ページあたりのスライド数を指定できます。(1ページあたり1,2,3,4,6,9スライドから選択)
  • 配布資料レイアウトの並び順(横・縦)も指定可能。
  • 非表示スライドの出力有無を指定できます。
  • スライド枠の有無を指定できます。
  • 圧縮率を指定(高品質・サイズ圧縮)してPDFに変換できます。
  • パスワード保護されたファイル、マクロ有効プレゼンテーションにも対応しています。

Word→PDF変換

  • ページを指定してPDFに変換できます。
  • 圧縮率を指定(高品質・サイズ圧縮)してPDFに変換できます。
  • パスワード保護されたファイル、マクロ有効Wordファイルにも対応しています。

AutoCAD→PDF変換 (※対応予定)

  • AutoCAD図面ファイル(DWG・DXF)をPDFに変換できます。
  • 任意のレイアウトを選択してPDFに出力できます。
  • 出力範囲(オブジェクト全体・窓)や尺度を指定することができます。
  • AutoCADの標準プロッタを利用するため、高品質なPDFを生成することができます。

画像→PDF変換

  • 画像ファイルをPDFに出力できます。
  • ロスレス変換のため、画質が劣化することなくPDFに変換できます。

PDF結合機能

  • PDFどうしの結合にも使用できます。
  • PDFの指定範囲ページのみ抽出し、結合することも可能です。
  • セキュリティ保護されたPDFにも対応しています。

PDF結合・集約出力機能

  • 複数のPDFを1つのPDFに結合できます。
  • PDF以外のファイルが入力された場合、自動的にPDFに変換し、1つのPDFに集約して出力することができます。

オーダーメードによる機能追加も可能

  • ご連絡いただければ、お客様の業務に合わせて機能を追加することも可能です。

こんなときに便利です!

  • 建築書類の集約に
    • 複数の図面や資料をひとつのPDFに集約できます。顧客に提供する資料の作成などに効果を発揮します。
  • 会議資料の作成に
    • ワードやパワーポイントといった異なるソフトで作成された資料を一つのPDFに集約できます。
    • 大量の会議資料も一括でPDFに変換・集約することができます。
  • 各種資料の集約に

画面イメージ

Excelシート指定画面

PowerPoint変換オプション画面

PowerPointはスライド・配布資料・ノート・アウトラインレイアウトの出力を選択できます。PowerPointファイルに搭載されているレイアウトに準拠した変換ができます。

変換履歴画面

最近入力したファイルをリストから選択し、もう一度入力することができます。

仕様

入力ファイル形式

以下の形式のファイルを読み込むことができます。

ファイル種類拡張子
Microsoft Word.docx .doc .docm
Microsoft Excel.xlsx .xlsm .xls .xlsb
Microsoft PowerPoint.pptx .ppt .pptm .ppsx .ppsm
PDF.pdf
JPEG.jpg
PNG.png
TIFF.tif
BMP.bmp
AutoCAD.dwg .dxf

出力PDF仕様

PDFバージョン:1.4

動作要件

OS:

  • Windows 7
  • Windows 8
  • Windows 8.1
  • Windows 10
  • Windows 11
  • Windows Server 2008
  • Windows Server 2008 R2
  • Windows Server 2012
  • Windows Server 2012 R2
  • Windows Server 2016
  • Windows Server 2019
  • Windows Server 2022

CPU:Intel社製 x86系 AMD製 X86系

メモリ:2GB以上

ストレージ:変換入力ファイルの総容量の2倍以上(一時ファイル領域として使用)

.NETランタイム:NET Framework 4.8以上

対応アプリケーション:

  • Microsoft Word 2013,2016,2019,2021,365
    ※いずれもストアアプリ版には非対応
    ※Word→PDF変換を使用時のみ必要
  • Microsoft Excel 2013,2016,2019,2021,365
    ※いずれもストアアプリ版には非対応
    ※Excel→PDF変換を使用時のみ必要
  • Microsoft PowerPoint 2013,2016,2019,2021,365
    ※いずれもストアアプリ版には非対応
    ※PowerPoint→PDF変換を使用時のみ必要
  • AutoCAD 2013~2023
    ※AutoCAD対応版のみ

PDFファイルの生成はマシンにインストールされたOfficeアプリに依存します。PDF作成・集約機能を利用するには、入力ファイルに対応したアプリケーションが必要です。

価格

後日、公開予定。

インストールするマシン1台あたりの価格となります。台数割の適用を予定しております。

サポート

無償メールサポート

当アプリケーションの使用方法について、購入後1年間、無償でメールサポートいたします。

最大1年間のバグフィックス対応

当アプリケーションのバグ・不具合については、無償で改修パッチの提供を行わせていただきます。

※無償でのバグフィックス対応は購入後 最大1年間に限ります。無償対応期間を過ぎましたら、保守契約をお願いいたします。

業務フローにあわせたカスタマイズ(有償)

お客様の業務フローにあわせた機能を追加することができます。

例)
・作成したPDFを自動的にメールで送信する
・ほかのアプリケーションと連携させて、作業を自動化させる
・コマンドラインから実行し、他のシステムと組み合わせる
など

価格は個別に対応いたしますので、お問い合わせください。

製品に関するお問い合わせ

お問い合わせはメール(contact@tkb-sys.com)までお願いいたします。

原則3営業日(土休日・年末年始除く)以内にご返信いたしますが、内容によってはお時間を頂戴することもございます。予めご了承下さい。


  • WindowsはMicrosoft®の登録商標です。
  • AcrobatはAdobe®の登録商標です。